リンドバーグ 本のご案内

2020年は、『海からの贈り物』がアメリカで出版されて、65周年となります。
下記の本は、既に絶版ですが紹介します。


リンドバーグ夫妻の来日した1931年年は、遠い昔のように感じられますが、 北海道根室市に到着したのは満州事変の直前の夏でした。
パイロット兼無線技士のアンと交信した根室市の落石無線局跡では、アーティストと地元の小学生と、 2008年から毎年夏に「落石計画」という美術のイベントが続きました。



落合 恵子氏 推 薦 現代に生きる女性に捧げる《自分になる旅》

アン・モロウ・リンドバーグ
日 記 と 書 簡


 中川 経子・訳
 佐野 ぬい・挿画


【絶版になっています】

ユニコーンを私に

アン・モロウ・リンドバーグの日記と手紙 1922~1928

四六判 並製本 定価2,310円(本体2,200円+税) 総383頁



《家族の中の失敗作》と自認する引っ込み思案でドジなアンが、 情操豊かな大学時代からヒーローに恋をして、大空を飛ぶ夢を叶えていきます。
叙情豊かな文章は、若い頃からの自然への感性、考え深いその性格から培われ、 世界的なエッセイに繋がっていくのです。
『海からの贈りもの』の作者が、ありのままに綴るその素顔は……。

カレには、洞察力とユーモアのセンスと類いまれな素敵な眼があるのです!

輝く時、失意の時

アン・モロウ・リンドバーグの日記と手紙 1922~1928

四六判 並製本  定価2,310円(本体2,200円+税)  総455頁



アンは、夫のチャールズと二人で水上飛行機「シリウス」を操縦し、1931(昭和6)年に来日、日本人と自分の共通点を見い出します。現在の航空路を開発した夫妻の新婚時代は、すべてが金色に《輝く時》でした。
しかし、暗転《失意の時》が訪れ、自宅から息子が誘拐・殺害されます。幼い息子の死を知ったアンは
「子供を亡くした人などたくさんいるもの」
と自分を慰めるのですが……。
傷ついた女性がその心を癒し立ち上がる、その翼はカリブ海に、東洋に!


* アガサ・クリスティーは、この不幸な事件にヒントを得て『オリエント急行殺人事件』を書いたと言われています。

【訳者紹介】

中川 経子(なかがわ みちこ)



中国のハルピンで生まれる。
宮城県仙台市で育ち、聖ウルスラ学院高等学校時代の恩師との出会いから、英語の道に進む。ニューヨークのフォーダム大学に留学、日系企業に勤務の後、結婚。
16年間のニューヨーク生活の後、国際会議や企業の研修会などで通訳・翻訳者として活躍している。
英文訳に『奥谷博画集』(1992年、求龍堂刊)、翻訳書に上記のアン・モロウ・リンドバーグ『ユニコーンを私に』 『輝く時、失意の時』、リーヴ・リンドバーグ著『おやすみなさい』(2005年、アリス館)、 クリスティーン・ブライデン著『私の記憶が確かなうちに』(2017年、クリエイツかもがわ)、 翻訳協力『パーソン・センタード・ケア』(2010年、クリエイツかもがわ)他がある。東京都在住。
【画家略歴】

佐野 ぬい(さの ぬい)



1932年に青森県弘前市に生まれる。
女子美術大学卒業後、新制作展を主な創作発表の場とし、母校で教鞭をとり、2007年学長に就任した。
「ぬいブルー」と呼ばれる青色を基調にして、豊かな空間表現と美しい色彩の融和を示す抽象画の作品は高く評価されている。
東京ウィメンズプラザ図書室壁画の制作、読売新聞日曜版の挿画を担当するなど、女流画家ならではの活躍をしている。
1996年からパリで個展を開催し、東京表参道・青山学院短期大学、ギャラリー412、 日本橋・高島屋での個展や故郷・青森県弘前市と青森市で展覧会が開催された。
2004年には新宿の損保ジャパン東郷青児美術館(当時)で「佐野ぬい展」、2011年には中国・深圳の何香凝美術館で「佐野ぬい作品展」を開催。
青森県立美術館、弘前市立博物館、横須賀美術館他に作品収蔵。
東京都在住。女子美術大学名誉教授、瑞宝中綬章を受章。
『佐野ぬい 青の構図』(1995年、美術出版社)、三好企画から『ル・ソワール 回想』を2014年に出版。


翻訳出版に当たり、著者の6人の子供達のうち末子に当たる、次女のリーヴ・リンドバーグさんに親身なご協力をいただきました。

「私が少女時代を過ごしたコネティカット州の家には、かつての日本訪問を思い起こさせるものがたくさんありました。
たとえば、母の部屋の壁には、今でも額に入った2枚の浮世絵版画があり、クローゼットには、鶴の刺繍のある青と白の着物が掛かっていて、母はそれを特別の席で着ていました。
 私の国では花を生ける時には、花瓶に花をぎっしりと詰めて挿すのですが、母は窓際にある首の長い水指しに、シンプルでこの上なく美しく花開いている枝を1本だけ挿すのが好きでした。
 ……日本人の日々の生活の整然とした営みの中にある「簡素さ、美しさ、たしなみ」という、日本的な特質を認識し、母自身の中にもある同じ特質を改めて認識することになりました。」 『輝く時、失意の時』より





リンドバーグ財団へのリンク
 ↑英語のサイトです↑ このページTOPへ


Copyright(C). Miyoshikikaku(Miyoshi Art Publishing Co.,) 2020, Japan
2020年1月 更新